Vライン脱毛

Vライン脱毛が痛いって本当!?

Vラインエステ脱毛

 

今、女性の間でVライン脱毛が人気急上昇しています!
下着や水着からはみ出るムダ毛を心配しなくていいほか、衛生的でもあると、多くの女性がVライン脱毛を始めています。

 

けれど、Vライン脱毛について調べてみると”痛い”という口コミを見かけることも多いです。
痛いと聞くと、脱毛を始めるには勇気が必要ですよね・・・

 

本当にVライン脱毛は痛いのでしょうか?

 

Vライン脱毛は、痛くない!

確かに、Vラインは腕や足に比べて皮膚が薄く、刺激にも敏感な場所です。
そのため、ほかの部位を既に脱毛している方からすると、Vライン脱毛は痛く感じてしまうかもしれません。

 

しかし、その痛みもそこまで強いものではなく、我慢できないようなことはありません
また、回数を重ねるうちに脱毛の雰囲気や痛みや違和感にも慣れていくので気にならなくなります。

 

Vライン脱毛するなら、エステ脱毛!

脱毛は、主に、エステ脱毛とレーザー脱毛の2種類があります。
エステ脱毛は、エステサロンや脱毛サロンで受けることができ、レーザー脱毛は皮膚科や美容外科等の医療機関で受けられます。

 

一番の大きな違いは、脱毛器の種類です。
医療機関で使われているレーザー脱毛器は、高い照射力を持っているので、脱毛回数が少なく済みます。
しかし、パワーが高い分、痛みも感じやすいのでせす。

 

Vライン脱毛のようにデリケートな場所の脱毛の場合は、肌への負担も痛みも少ないエステ脱毛の利用がおすすめ。
その中でも、S.S.C脱毛という脱毛方法を採用している脱毛サロンがオススメです!

Vライン脱毛の自己処理は危険!

Vライン危険

 

 

エステ脱毛をしていなくても、Vラインのムダ毛処理はしなければなりません
自己処理をしているという方もたくさんいますよね。

 

でも、Vライン脱毛の自己処理はとっても危険なんです!

 

 

 

カミソリで色素沈着!?

最も手軽でスタンダードなカミソリは、短時間で処理をすることがき、料金も安いので経済的。

 

しかし、皮膚の柔らかいVラインは、カミソリの刃に皮膚が巻き込まれ、怪我をしてしまうリスクがとても高いです!
また、皮膚が薄いために傷つきやすく、カミソリによってダメージを受けた肌はどんどん色素沈着してしまいます。

 

色素沈着は一度なってしまうと元に戻すことが難しいです。
大切な肌を守るためにも、カミソリでの処理はやめましょう!

 

毛抜きで皮膚病に!?

毛根からムダ毛を処理するために、毛抜きを使って処理をしているという方もいますよね。
しかし、毛抜きでの自己処理は、Vラインに限らず一番危険な処理方法です!

 

ムダ毛を無理やり引き抜くことで毛穴が傷つき、炎症を起こします。
そこにばい菌が入ると、ニキビのようになってしまいます。

 

初めは小さなニキビのようなものが、だんだん大きくなり、膿の袋になってしまうこともあります(ふん瘤)!
大きくなったふん瘤は、手術でなければ取り出すことができません!
皮膚病になる前に、負担の大きい毛抜きでの処理はやめましょう!

 

肌に負担をかけることなく、安全に、そして美しく処理をするなら、エステ脱毛が一番です!

更新履歴